2010年10月18日

引越し業者

我輩も現在の場所に落ち着いて、もう十数年が経つ。今はこの場所を引っ越す予定もつもりもないが、ここに定着する以前は棲家を随分と替えたものだ。大体が仕事の都合で通勤しやすいところへ自分の都合で引っ越したのだが、数えると10回を超えていると思う。
当時は、引越し業者なんてものは身近にはなく、友人を何人か手伝いに頼んで、代償に食事をご馳走するというのが常であった。まあこれもまた楽しい事ではあったが、この食事代というのがけっこう馬鹿にならない額だったりもした。というのは、引越しと聞くと呼ばれもしないのに仲間内で連絡しあって、結構な人数が集まってしまったからである。まあ我輩も仲間の引越しには行った口だから、お互い様であるが。

まあ今では、そんな事もなくなった。今は、引越しの手伝いは引越し業者がするものと相場が決まってきているようだ。だが気心のしれた友人と違って他人を頼むわけだから、どの業者にするかは迷うところであろう。
ということで、今日はインターネットで受け付けている引越し業者を紹介しよう。
ハート引越しセンター」という。
先ずはリリース広告文をお読み頂きたい。

-----
10月から新期が始まった企業も多いのではないでしょうか。
異動の発表もあり、急に単身 引越しすることになった方もいらっしゃるのでは?
急な引越しで時間がない場合や、会社が引越し 料金を負担してくれる場合はいいですが、やっぱり引越し業者によってかかる費用やプランが異なるので、事前にしっかりと数社から引越し 見積もりを取るべきだと思います。
-----

サイトへは、上記文内のリンクで行ける。ネット上で見積もりもできるので、引越しを考えている方は一度サイトを訪れてみると良いだろう。
引越し後にすぐに使えるインターネット回線や不用品の引き取りなど「お得なキャンペーン」も実施中だ。



posted by 伊勢古十郎 at 14:02| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

株式会社DYMのSEO対策の特徴

株式会社DYMのSEO対策、Trust Seo については、我輩のこのブログでも何度か紹介してきた。
今回はその特徴について少し述べたい。
いや特徴についてもメインのところは既に述べている。(⇒こちら)‥が、わざわざそちらを見に行くのも面倒だろうから、繰り返しになるが、もう一度その部分を書いて進ぜよう。

1. 10位以内表示98%の達成率を維持
どんなに難しいといわれるワードでも、3カ月以内に10位以内に上位表示がされなかったクライアントは1社もなく、98%の達成率を現在まで保っているという。
恐れ入った実績である。

2. 統計学を取り入れた証拠あるSEOであるEVBS(Evidence Based SEO)
統計処理により、経験ではなく証拠による科学的なSEOを行ってるということ。
実証統計に基づくということだな。

3. 理論的な料金設定
検索数やクリックの値段、クライアント商品の成約率や購入率まで、きちんと検討した理論的な数字により算出されるということ。
お客様に損はさせないという姿勢がいいねえ。

という事である。
‥が、これだけで終わっては今回の記事の意味がないので、もう少し具体的な観点からも特徴を紹介しておく事にしよう。

SEO対策といえば、具体的にはYahooとGoogleの検索エンジンが対象であろう。
DYMのSEOは、そのどちらにも強い。しいて言うならば「Yahooに特に強く、Googleも強い」という形である。
YahooとGoogle、どちらかを対象にしたSEO対策が多い中、どちらにも強いというのは特筆すべき事であろうと思う。

では、今回はこれにて。

Trust Seo



posted by 伊勢古十郎 at 21:35| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

看護師転職ナビ

このブログでも何度か紹介してきた、看護師専門の転職サイト「看護師転職ナビ」を久しぶりに訪れてみた。いや、我輩は看護師でも何でもないので、そのサイトを直接必要とはしないのだが、お気に入りのDYMによる運営サイトであるし、このブログで紹介している手前もあるので、折に触れてはサイトを見るようにしている。

久しぶりに見て、看護師の求人病院が大変増えていることに驚いた。我輩の地元、身近な病院でも看護師の求人があるのを発見したりもした。今年5月に初めてこのサイト紹介をしたが、わずか4ヶ月でサイトがみるみる成長してきているようだ。

以前「看護師転職ナビ」を見たけれども、自分に合う病院が見つからなかったという貴方へ、どうかもう一度「看護師転職ナビ」を見て頂きたい。今度こそ貴方の希望の病院が見つかるかも知れない。また、やっぱりなかったとしても諦めてはいけない。なぜならば、「看護師転職ナビ」は成長を続けているからだ。今後益々看護師求人病院がサイト内で充実していくであろう。
我輩もまた折に触れ、このサイトを紹介していくつもりだ。

看護師 転職
看護師 求人



posted by 伊勢古十郎 at 23:47| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットで自動車保険を見直す

今回は、自動車保険である。

とにかく保険料を安く抑えたいのであれば、先ずインターネットの保険会社を考えるのが得策であろう。その理由は前回の生命保険の記事で述べた通り、営業コストや経費が極力削減される為、保険料ではリアルの保険会社では太刀打ちできないと思われるのだ。

今回紹介するのは、SBI損保の自動車保険である。
なんと、インターネットで手続きするだけで、5500円の割引があり、さらに証券不発行ならば500円の割引、すなわちトータル6000円がインターネットによるコストダウンの還元という事で、実にわかり易い。

まあその他の割引の関係や保証内容もあるので、これだけで即決という訳には行かないだろうが、検討してみる価値は充分あると思うが、いかがだろうか。

自動車保険 見積もり
sbi損保



posted by 伊勢古十郎 at 01:30| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

インターネットで生命保険を見直す

ネット社会である。今やインターネットで出来ないことは、情報伝達処理の上では、ほとんど無いであろう。商品の紹介、発注や契約などは最も得意とするところで、その内、一般商店はおろかスーパーマーケットさえ姿を消してしまうかも知れない。なぜならば、ネットとリアルではコストのかかり方が違いすぎるからである。インターネット業者と運送業者だけあれば事足りる時代が来るかもしれない。
我輩的には、それはどうか、とも思うのではあるが‥。

さてそんな中、今回はインターネットで出来る生命保険を紹介する。

紹介するのは、日本初のネット生保 ネクスティア生命である。あのアクサ ジャパン ホールディングの子会社であり、世界最大級の保険・資産運用グループAXAのメンバーカンパニーだ。
先ずはリリースされた広告文をご覧頂きたい。

-----
ネット生保って利用したことありますか?
ネットで資料請求や保険料のシュミレーションだけでなく、申し込みまで出来てしまいます。
入院した場合の保障入院保険も付帯した 医療保険だけでなく、成人の三大疾病の1つであり、日本では死因のトップであることから がん保険に加入される人も増えているそうです。
企業での健康診断や地域での定期健診など、がんの早期発見につながるような取り組みも行われているので、元気な時だからこそ生命保険をしっかりと見直して、将来に備えるべきなのかもしれません。
-----

インターネットによる保険の最大の利点は、冒頭にも述べた事につながるが、なんと言っても保険料を安く出来る事であろう。
インターネット技術による効率化の徹底、営業にかかるコストが削減できること、ペーパーレスすなわち紙のパンフレットや申込書などの使用を極力少なくできることなど、リアルの保険業務では出来ないコスト削減ができるからである。
サイトでシミュレーション(試算・見積り)が出来るので、一度検討してみるのも良いだろう。

ネクスティア生命



posted by 伊勢古十郎 at 12:31| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

小企業のためのITソリューションを提供するSBR

 小企業にとって、自社のIT活用は、その必要性を感じていても、なかなか進めることの出来ない課題ではなかろうか。
 今日は、小企業のIT活用に助力し支援する「SBR」を紹介したい。IT活用のおたすけ君と呼ばれる「SBR」とは? まずはSBRよりリリースされた広告文をお読み頂きたい。

----
SBRグループは、「日本のスモールビジネスを活性化するエンジンとなる」ことをビジョンとして掲げ、
従業員20名以下の小企業のパートナーとして、小企業の活性化に繋がる価値あるITソリューションを提供することを
事業としている会社です。

つまりIT活用が遅れている小企業にとっては言わばSBR おたすけ君と言ったところ。

業種別に特化したホームページ制作・運用等のサービスをパッケージングした「ITパッケージ」の販売と、
開設したホームページの反響向上に繋げるためのサービスを提供する「IT支援」を軸に事業を展開しているそうで、
現在約23000社の企業と取引しているんだとか。

このように膨大な取引企業数、何もSBR 粉飾しているわけではありません。

実際に取引がある企業の方から聞いたSBR 噂によると、
高い優位性をもって高い利益率を実現し、顧客に高品質のサービス及びサポートと高い満足を提供してくれる、とのこと。

このような評価SBR 評判SBR 口コミといった類の物はインターネットでも見つけることができます。

またSBR 苦情に対しても真摯に取り組んでおり、そのことも取引先からの厚い信頼を得ることに繋がっているようです。

ホームページの制作・運営、またホームページの運営に必要なハードウェアの導入やその後のサポートまでを
パッケージとしてワンストップサービスにて提供してくれる「ITパッケージ」や、
各種Yahoo! サービスを始め、登録代行、PPC広告等、WEB商材の提案など、
ホームページ開設後も円滑な運営を行うために、お客様のニーズや目的に合わせた様々なサービスの提案を行ってくれる
「IT支援」について気になる企業様は是非SBR ホームページをご覧の上、ご参考ください。

----

 以上がSBRよりリリースされた広告文である。
 これからはインターネットの活用が不可欠であると感じていても、それにかける時間もスキルも充分にないというのが小企業の現実だろう。資金の面からいっても効果的なIT活用は難しいと考えるのも無理からぬ事である。
 だが、だからといって手をこまねいていても、事は進まない。ホームページを見るだけならば、とりあえずお金はかからないので、とりあえずは見て基礎知識を得ることが第一歩であろう。

SBRのホームページはこちら


posted by 伊勢古十郎 at 16:21| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

モバイルSEO対策も株式会社DYMが‥

携帯電話社会。我輩個人的にはいかがなものかと思うのであるが、何処にいても携帯電話とにらめっこしている人間を見ない方が珍しい。どうにも美しい景色とは言えない。
しかしまあ、それはさて置いて、現代生活で最も身近な端末である携帯電話は、いつでもどこでも知りたい情報を検索できる便利なもの、多くの人々にとって今や切り離せない状況になってしまっているのかも知れない。

国内携帯シェアbPのNTT docomoと検索エンジン最大手である米Googleの業務提携が決定した。したがってauとdocomoにはGoogle、SoftBankにはYahoo!という具合に、大手検索エンジンが国内の主要携帯すべてに搭載されることになる。
モバイルサイトを運営する側としては、モバイルSEOの重要性が一段と増すというわけである。

という事で、今日の本論である。
例の株式会社DYMがモバイルSEO対策のサイトも運営しているのをご存知だろうか。
SEO対策で定評のあるDYMのモバイル対策版である。
是非一度、ご覧あれ。

株式会社DYMのモバイルSEOのホームページはこちら



posted by 伊勢古十郎 at 09:47| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

株式会社DYMで出来るディレクトリ登録

 今回も株式会社DYMに関する記事である。
 DYMの行っているサービスの一つに検索エンジン・ディレクトリ登録代行というものがある。前に、やはりDYMの提供するSEO対策サイトの記事を上げたが、このディレクトリ登録というのもSEOに大変効果がある。なぜなら大手ポータルサイトのカテゴリディレクトリにサイトを登録するという事は、そのポータルサイトからリンクが貼られるということだからである。これほど強力な外部リンクはないであろう。当然そのサイトに高いSEO効果がもたらされるというわけだ。 もちろん、ディレクトリに登録されるわけだから、ディレクトリ検索による質の良い直接のアクセスも増えるであろう。
 前にも言ったが、我輩のこのブログは勝手気ままな自己満足ものであるから、SEOとかあまり気にしていないのだが、まあそういうものもあるのかと勉強にはなる。読者の中に興味のある方は、DYMのサイトを訪ねてみると良いだろう。

株式会社DYMのディレクトリ登録のホームページはこちら



posted by 伊勢古十郎 at 21:29| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

株式会社DYMのSEO対策はここが違う

前にこのブログで「Trust Seo」という、SEO対策を請け負うサイトを紹介したが、このサイトも、株式会社DYMが運営している。このサイトも‥と言ったのは、これまでこの我輩のブログでもDYMの運営サイトを、随分と紹介してきたからだ。ネット風評被害対策しかり、看護師求人サイトしかり、‥おっと話しが脱線するので、あまり出さないが、我輩が言いたいのは、この株式会社DYMの運営するサイトは、どれも我輩のお気に入りのサイトであるという事である。

さて本論に戻してSEO対策であるが、株式会社DYMのSEO対策はどこが違うかという事である。まあサイトを見れば、11項目に渡ってきちんと解説されているので、そちらをご覧になって頂ければ、我輩がここでとやかく言うこともなかろうとも思うが、その一部を紹介しておこう。

1. 10位以内表示98%の達成率を維持
どんなに難しいといわれるワードでも、3カ月以内に10位以内に上位表示がされなかったクライアントは1社もなく、98%の達成率を現在まで保っているという。
恐れ入った実績である。

2. 統計学を取り入れた証拠あるSEOであるEVBS(Evidence Based SEO)
統計処理により、経験ではなく証拠による科学的なSEOを行ってるということ。
実証統計に基づくということだな。

3. 理論的な料金設定
検索数やクリックの値段、クライアント商品の成約率や購入率まで、きちんと検討した理論的な数字により算出されるということ。
お客様に損はさせないという姿勢がいいねえ。

などなど、
違いのほんの一部を紹介したが、成果型SEO対策で業界2位、もうすぐ業界NO.1というのもうなずける。

株式会社DYMのSEO対策のホームページはこちら



posted by 伊勢古十郎 at 16:34| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

外貨預金とFXを考える

 現在、外貨預金をしている人は多いと思う。日本はもうず〜と低金利政策のままなので、国内では定期預金の金利を当てにしての資産運用は成り立たないからだ。かつて8%の利息がつく時代があったとは、今となっては信じられない夢のような話しであろう。低金利政策については言いたいことも多々あるが、今日はそれにはふれない。ふれるのは外貨預金の方である。
 世界には、今現在かつての日本のように高金利の国もあるであろう。そういう国の通貨で預金をしておけば、利息が稼げるということだ。しかも上手くすれば為替差益も得られるかも知れない。でも上手くすればと書いたとおり、下手をすると為替差損が発生することもある。しかし、長い目でみれば、利息との関係で為替差損があったとしてもトータルで得をすることを考えて、外貨預金をしている人も多いのだろうと思う。のんびり資産運用の方には向いているかも知れない。

 のんびり構えられない人は、為替に行くであろう。FXである。レバレッジがあるためハイリスクハイリターンで手っ取り早い。積極的に資産運用して儲けたいなら断然FXであろう。でもFXって、業界のこともよく知らない素人が手を染めても大丈夫なんだろうか、と思う向きもあるだろう。そんな方には、くりっく365というのもある。
 くりっく365は基本的にはFXなのだが、店頭FXとの違いは、こちらは取引所FXということで、公的取引所による、より安心なFXということであろう。いや、より安心と言っても損をしないということではないので、自分の責任で運用して頂きたい。

 という事で、今日もここから本論である。
外貨預金、店頭FX、くりっく365、の3つ全てを取り扱っている「住信SBIネット銀行」のサイトを紹介する。ホームページの外貨預金FXタグをみると、なるほどと思うであろう。これらの全てが大変解り易く載っているので、もしこれらをお考えならば、大いに参考になるであろう。
住信SBIネット銀行




posted by 伊勢古十郎 at 22:06| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。