2010年09月21日

インターネットで生命保険を見直す

ネット社会である。今やインターネットで出来ないことは、情報伝達処理の上では、ほとんど無いであろう。商品の紹介、発注や契約などは最も得意とするところで、その内、一般商店はおろかスーパーマーケットさえ姿を消してしまうかも知れない。なぜならば、ネットとリアルではコストのかかり方が違いすぎるからである。インターネット業者と運送業者だけあれば事足りる時代が来るかもしれない。
我輩的には、それはどうか、とも思うのではあるが‥。

さてそんな中、今回はインターネットで出来る生命保険を紹介する。

紹介するのは、日本初のネット生保 ネクスティア生命である。あのアクサ ジャパン ホールディングの子会社であり、世界最大級の保険・資産運用グループAXAのメンバーカンパニーだ。
先ずはリリースされた広告文をご覧頂きたい。

-----
ネット生保って利用したことありますか?
ネットで資料請求や保険料のシュミレーションだけでなく、申し込みまで出来てしまいます。
入院した場合の保障入院保険も付帯した 医療保険だけでなく、成人の三大疾病の1つであり、日本では死因のトップであることから がん保険に加入される人も増えているそうです。
企業での健康診断や地域での定期健診など、がんの早期発見につながるような取り組みも行われているので、元気な時だからこそ生命保険をしっかりと見直して、将来に備えるべきなのかもしれません。
-----

インターネットによる保険の最大の利点は、冒頭にも述べた事につながるが、なんと言っても保険料を安く出来る事であろう。
インターネット技術による効率化の徹底、営業にかかるコストが削減できること、ペーパーレスすなわち紙のパンフレットや申込書などの使用を極力少なくできることなど、リアルの保険業務では出来ないコスト削減ができるからである。
サイトでシミュレーション(試算・見積り)が出来るので、一度検討してみるのも良いだろう。

ネクスティア生命



posted by 伊勢古十郎 at 12:31| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。