2010年07月15日

外貨預金とFXを考える

 現在、外貨預金をしている人は多いと思う。日本はもうず〜と低金利政策のままなので、国内では定期預金の金利を当てにしての資産運用は成り立たないからだ。かつて8%の利息がつく時代があったとは、今となっては信じられない夢のような話しであろう。低金利政策については言いたいことも多々あるが、今日はそれにはふれない。ふれるのは外貨預金の方である。
 世界には、今現在かつての日本のように高金利の国もあるであろう。そういう国の通貨で預金をしておけば、利息が稼げるということだ。しかも上手くすれば為替差益も得られるかも知れない。でも上手くすればと書いたとおり、下手をすると為替差損が発生することもある。しかし、長い目でみれば、利息との関係で為替差損があったとしてもトータルで得をすることを考えて、外貨預金をしている人も多いのだろうと思う。のんびり資産運用の方には向いているかも知れない。

 のんびり構えられない人は、為替に行くであろう。FXである。レバレッジがあるためハイリスクハイリターンで手っ取り早い。積極的に資産運用して儲けたいなら断然FXであろう。でもFXって、業界のこともよく知らない素人が手を染めても大丈夫なんだろうか、と思う向きもあるだろう。そんな方には、くりっく365というのもある。
 くりっく365は基本的にはFXなのだが、店頭FXとの違いは、こちらは取引所FXということで、公的取引所による、より安心なFXということであろう。いや、より安心と言っても損をしないということではないので、自分の責任で運用して頂きたい。

 という事で、今日もここから本論である。
外貨預金、店頭FX、くりっく365、の3つ全てを取り扱っている「住信SBIネット銀行」のサイトを紹介する。ホームページの外貨預金FXタグをみると、なるほどと思うであろう。これらの全てが大変解り易く載っているので、もしこれらをお考えならば、大いに参考になるであろう。
住信SBIネット銀行




posted by 伊勢古十郎 at 22:06| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。