2010年07月01日

レーシック手術の正しい認識を、

レーシックについて、我輩のこのブログでも以前紹介したことがある。手術で近視を治すという方法で、この件に関しては無知な我輩は、‥そりゃあいい、裸眼視力が回復できりゃ、わずらわしいメガネやコンタクトともおさらば出来るだろう。と単純に思ったのだが、その後、実は日本には近視手術に対する抵抗が、少なからずあるという事がわかった。
手術には、失敗というリスクがどうしてもついて回るであろう。しかしそのリスクとはどの程度のものなのか、正しく認識することが大切であると思う。今回はレーシック 手術のリスクと現状について述べながら、あるサイトを紹介しようと思う。

1969年、ロシアのフィヨドロフ博士によって開発された近視手術は、1970年代には実用化されている。手術で近視が治るという画期的な治療法は、全世界へと瞬く間に広がったのだが、近視手術はこれが始まり、最初ではない。
実は、フィヨドロフ博士よりも20年も前に、日本の順天堂大学の故・佐藤勉教授が、手術による視力矯正を行う方法を考案している。フィヨドロフ博士の手術法は、この佐藤教授の方法を基礎として完成されたものなのである。

日本が基の近視手術なのに、なぜ、日本でこの手術が広がらなかったのか?
今回の記事のテーマからすればもう想像がつくだろう。知っている人もいるかもしれないが、手術の失敗があったからである。佐藤教授の手がけた2割の患者に、何年か経って角膜が濁るという後遺症が出てしまったのだ。日本眼科学会は、これがもとで近視手術を長い間受け入れてこなかったのである。
失敗の原因は、内皮まで傷つけてしまったということが判明してる。現代の発達した機器と技術なら、まずありえないミスのようである。

こういった事から、世界でもっとも進んでいたはずの日本の近視手術が、現在世界で当たり前に行われているにも係わらず、普及が遅れているのだ。

これらの事を詳しく知ることのできるサイトを紹介したいと思う。
その名も「レーシック手術で失敗しないぞ〜」というユニークな名称のサイトである。
欧米に比べてまだまだ普及していない日本のレーシック手術について、今の手術はこんなに安全で良いものですよ〜、と呼びかける気持ちが伝わってくる。
当然、レーシック 失敗についても、特に詳しく載っているようである。

レーシック手術を考えている人だけでなく、一般の全ての日本人に、近視手術、レーシック手術についての正しい知識を得て頂きたいと、我輩は思うのである。

レーシック手術で失敗しないぞ



posted by 伊勢古十郎 at 11:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。