2010年06月18日

癌(がん)治療について

-----
三大成人病の1つ、がん
テレビや雑誌で取り上げられている癌 症状と似たような症状があって、自分も悪性腫瘍かもと心配したことがある人も多いのではないでしょうか。
癌にも色々な種類があり、リンパ腫においては良性の物はなく、全て悪性リンパ腫となりますが、一般的な癌より抗がん剤治療が比較的効きやすいと言われています。
癌治療というと強い抗がん剤による激しい副作用を思い浮かべるかと思いますが、医学の分野では様々な癌 療法が日々研究されています。
例えば、副作用が少なく、体にやさしいと言われている免疫細胞療法胃がん治療や女性では一番死亡者数が多い大腸がん治療などに利用されていますが、 免疫療法のみだけではなく、標準の治療と共に併用することで相乗効果が期待できるとされています。
女性特有の物では、完全に切除することなく、乳房を温存できる乳がん治療もあります。
また肝臓がん治療代替療法として粉末状のカバノアナタケを摂取されている知り合いもいます。
いずれにせよ、癌にならない健康的な体を作ることが一番大事。
癌になっても早期発見により早い段階で癌 治療を受けられるよう、定期的な検診とセルフチェックは欠かさないようにしましょう。
-----

以上は、癌と戦う黒川本舗よりリリースされた、癌治療に関する広告文である。

今や癌は不治の病ではない、ということは周知の事実である。
しかし、現在我が国の死亡率のトップが癌であることに変りはなく、癌で一生を閉じることを余儀なくされる方は相変わらず大変多い。癌治療が効を奏さず、医者から余命宣告を受けた癌患者やその家族の気持ちは、思い遣るに余りある。

黒川本舗は、治療の甲斐なく癌を克服できず希望をなくされている方たちに、諦めずに知ってほしい代替療法を呼びかけている。
「癌は不治の病ではありません」
「余命宣告は西洋医学の限界に過ぎません」
「末期がんでも、諦める必要はありません」
「癌の治療方法は西洋医学だけではありません」
「免疫細胞を活性化すれば癌が自然消滅する可能性は高いのです」


是非一度、黒川本舗のホームページをたずねてみてほしい。
黒川本舗




posted by 伊勢古十郎 at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。