2010年06月17日

FXの仕組みとメリットを考える

FXに関してのPR記事である。

FXとは、外貨為替証拠金取引のことで、要するに、外国の通貨を売買して、利益を得ようということだ。
その仕組みとメリットを考えるならば、外貨預金と比較して検討するとわかり易いだろう。
先ず、外貨交換時の手数料が安いということ。
次に、「売り」からも「買い」からも取引可能ということ。外貨預金の場合先ず外貨を買わなければ始まらないが、円が高くなってしまえば損してしまう。しかしFXは先に売って後で買い戻すことができるので、円高でも大丈夫ということだ。
そして、忘れてはならないポイントが、レバレッジ効果で投資資金以上の運用が可能だということ。証拠金(元手)5万円でもレバレッジが20倍なら100万円分の取引が出来るということだ。ハイリスク・ハイリターンという事だな。でもやり方によってはリスクを抑えることも出来る。

とまあ簡単にFXがどんなものか書いてみたが、ハイリスク・ハイリターンだけに、もし始めるのなら信頼できる取扱い会社を選ぶべきであろう。

ということで本論のPRだが、「セントラル短資FX」を紹介する。
セントラル短資グループは100年の歴史があり、安心と信頼のFXを提供している。
ホームページでは、FX初心者の為のガイドコンテンツも充実しているので初めての人でも心強いだろう。

セントラル短資FX



posted by 伊勢古十郎 at 12:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。