2010年09月25日

ネットでできるtotoが人気

スポーツ振興くじ、正式にはスポーツ振興投票というらしい。一般にはサッカーくじと呼ばれ、totoはその愛称である。
簡単に言えば、Jリーグサッカーの試合の勝敗を予想して投票し、的中すると配当金がもらえるというシステムだ。投票方法にはいろんな種類があり、予想する試合数や得点をからめたものもあったり、的中配当もさまざまである。それらを全部ここで解説することはしないので、知りたい方はご自分で調べて頂きたいが、我輩がちょいと気になったのは、BIGという投票方法である。

BIGは、Jリーグサッカー14試合を対象に勝敗予想をコンピュータが選択する。くじ購入者は予想できないランダム形式のくじである。配当は的中内容により1等から5等までがあり、1等が当たる確率はジャンボ宝くじより高いと言われている。当せん金の最高額は3億円だが、キャリーオーバー発生時は、最高6億円にもなるとてつもないくじである。
しかもインターネットで簡単にできる。

ということで、今日紹介するのは、このBIG・totoを扱っている楽天銀行のWebサイトである。
このサイトでなら、当せん確認や当せん金の受取もすべて自動、当せん金の入金があった際にはメールで知らせてくれる。パソコンだけで全て出来てしまうというわけだ。
宝くじファンも今後こちらに流れるのではと感じている。

楽天銀行BIG・toto



posted by 伊勢古十郎 at 17:55| 耳より情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

看護師転職ナビ

このブログでも何度か紹介してきた、看護師専門の転職サイト「看護師転職ナビ」を久しぶりに訪れてみた。いや、我輩は看護師でも何でもないので、そのサイトを直接必要とはしないのだが、お気に入りのDYMによる運営サイトであるし、このブログで紹介している手前もあるので、折に触れてはサイトを見るようにしている。

久しぶりに見て、看護師の求人病院が大変増えていることに驚いた。我輩の地元、身近な病院でも看護師の求人があるのを発見したりもした。今年5月に初めてこのサイト紹介をしたが、わずか4ヶ月でサイトがみるみる成長してきているようだ。

以前「看護師転職ナビ」を見たけれども、自分に合う病院が見つからなかったという貴方へ、どうかもう一度「看護師転職ナビ」を見て頂きたい。今度こそ貴方の希望の病院が見つかるかも知れない。また、やっぱりなかったとしても諦めてはいけない。なぜならば、「看護師転職ナビ」は成長を続けているからだ。今後益々看護師求人病院がサイト内で充実していくであろう。
我輩もまた折に触れ、このサイトを紹介していくつもりだ。

看護師 転職
看護師 求人



posted by 伊勢古十郎 at 23:47| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットで自動車保険を見直す

今回は、自動車保険である。

とにかく保険料を安く抑えたいのであれば、先ずインターネットの保険会社を考えるのが得策であろう。その理由は前回の生命保険の記事で述べた通り、営業コストや経費が極力削減される為、保険料ではリアルの保険会社では太刀打ちできないと思われるのだ。

今回紹介するのは、SBI損保の自動車保険である。
なんと、インターネットで手続きするだけで、5500円の割引があり、さらに証券不発行ならば500円の割引、すなわちトータル6000円がインターネットによるコストダウンの還元という事で、実にわかり易い。

まあその他の割引の関係や保証内容もあるので、これだけで即決という訳には行かないだろうが、検討してみる価値は充分あると思うが、いかがだろうか。

自動車保険 見積もり
sbi損保



posted by 伊勢古十郎 at 01:30| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

インターネットで生命保険を見直す

ネット社会である。今やインターネットで出来ないことは、情報伝達処理の上では、ほとんど無いであろう。商品の紹介、発注や契約などは最も得意とするところで、その内、一般商店はおろかスーパーマーケットさえ姿を消してしまうかも知れない。なぜならば、ネットとリアルではコストのかかり方が違いすぎるからである。インターネット業者と運送業者だけあれば事足りる時代が来るかもしれない。
我輩的には、それはどうか、とも思うのではあるが‥。

さてそんな中、今回はインターネットで出来る生命保険を紹介する。

紹介するのは、日本初のネット生保 ネクスティア生命である。あのアクサ ジャパン ホールディングの子会社であり、世界最大級の保険・資産運用グループAXAのメンバーカンパニーだ。
先ずはリリースされた広告文をご覧頂きたい。

-----
ネット生保って利用したことありますか?
ネットで資料請求や保険料のシュミレーションだけでなく、申し込みまで出来てしまいます。
入院した場合の保障入院保険も付帯した 医療保険だけでなく、成人の三大疾病の1つであり、日本では死因のトップであることから がん保険に加入される人も増えているそうです。
企業での健康診断や地域での定期健診など、がんの早期発見につながるような取り組みも行われているので、元気な時だからこそ生命保険をしっかりと見直して、将来に備えるべきなのかもしれません。
-----

インターネットによる保険の最大の利点は、冒頭にも述べた事につながるが、なんと言っても保険料を安く出来る事であろう。
インターネット技術による効率化の徹底、営業にかかるコストが削減できること、ペーパーレスすなわち紙のパンフレットや申込書などの使用を極力少なくできることなど、リアルの保険業務では出来ないコスト削減ができるからである。
サイトでシミュレーション(試算・見積り)が出来るので、一度検討してみるのも良いだろう。

ネクスティア生命



posted by 伊勢古十郎 at 12:31| サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。